最終更新日
KeyConfigManager 機能詳細 (開発者向け)

○ テキスト設定

KeyConfig中に表示されるテキスト内容の設定ができます。
「テキスト設定」タブをクリックすると、下記の画面が表示されます。



● 各種テキストボックス

テキストボックスの中身を変更すると、対応する表示文字列を変更します。

● 「表示可」チェックボックス

チェックボックスを外すと、その項目を非表示にできます。

○ ボタン設定

KeyConfigのボタンのテキスト表示や、ボタンをクリックした時の動作の設定ができます。
「ボタン設定」タブをクリックすると、下記の画面が表示されます。



● 各種テキストボックス

テキストボックスの中身を変更すると、対応する表示文字列を変更します。

● 「表示可」チェックボックス

チェックボックスを外すと、そのボタンを非表示にできます。

● 「URLリンク先」テキストボックス

「URLを開く」ボタンをクリックした際に、開くページを選択します。
なお、「http://」もしくは「https://」から始まるものしか指定できません。

● 「ゲームパス(相対パス)」テキストボックス

「ゲーム起動」ボタンをクリックした際に、開くEXEファイルの相対パスを指定します。
「KeyConfig.exe」があるフォルダを、ワークフォルダとした相対パスを指定してください。
なお、指定した相対パスの場所に、EXEファイルが存在しない場合、ボタンは表示されません。

○ レイアウト設定

KeyConfig上の各項目のレイアウトの微調整ができます。
「レイアウト設定」タブをクリックすると、下記の画面が表示されます。



● 各種数値入力ボックス

長さの設定を行うと、それに対応したレイアウト構成に変更されます。
なお、各入力ボックスには最小の長さと最大の長さがあります。

● 「ウインドウサイズ」数値入力ボックス

KeyConfigのウインドウサイズを直接指定することができます。
ただし、最小サイズと書かれている値よりも、小さい数を指定した場合、この値は無視されます。

なお、最小サイズは、「キーボード・パッド・ボタン部分」や「システム部分」、
「全体レイアウト」のウインドウ余白のレイアウト設定値を、全て足し合わせた数であり、
他のレイアウト設定値を変更する毎に、最小サイズも合わせて変更されます。

○ 壁紙・その他設定

KeyConfigの壁紙および、各項目のタイトルの水平方向寄せを設定できます。
「壁紙・その他設定」タブをクリックすると、下記の画面が表示されます。



● 「壁紙表示」チェックボックス

チェックボックスを付けると、壁紙を使用します。

● 「壁紙ファイルパス」テキストボックス

ここに設定したファイルパスの画像を壁紙として使用します。

● 「同梱時ファイルパス」テキストボックス

KeyConfig保存時、壁紙のファイルをどこに保管するかを相対パスで指定します。

● 「壁紙表示形式」ドロップダウンリスト

壁紙の表示形式を設定します。

● 「タイトル水平方向寄せ」ドロップダウンリスト

各項目のタイトルの水平方向の寄せ設定ができます。

○ 警告メッセージ設定

KeyConfig使用中にエラーが発生した際の、表示メッセージを変更できます。
「警告メッセージ設定設定」タブをクリックすると、下記の画面が表示されます。



● 各種テキストボックス

テキストボックスの中身を変更すると、対応するエラーメッセージを変更します。

○ KeyConfigManager環境設定

KeyConfigManagerを使用する上での動作を設定できます。
「ツール」→「オプション」をクリックすると、下記の画面が表示されます。



● 「起動時に前回のDatファイルを開く」チェックボックス

チェックボックスを付けていると、KeyConfigManager起動時に、
前回開いたConfig.DATの状態を開きます。
起動時に、毎回初期状態で開いて欲しい場合は、チェックボックスを外してください。

● 「保存時にKeyConfig本体もコピー」チェックボックス

チェックボックスを付けていると、CONFIG.DATを保存する際に、
同じ階層にプログラム本体(KeyConfig.EXE)と、
プログラムを起動するために必要なファイル(GamePad.dll)も、
一緒に配置するようになります(既にファイルが存在する場合は、上書きされます)。

チェックボックスを外していると、CONFIG.DATを保存時に、CONFIG.DATしか保存されません。

● 「プレビュー画面を表示」チェックボックス

チェックボックスを付けていると、KeyConfigManagerの右側に設定した内容のプレビュー画面が表示されます。

○ ショートカット生成

相対パス指定でのショーカット用のEXEを同梱して配布したい場合は、
メニューの「ツール」→「外部ツール」→「ショーカット生成」を選択してください。



「実行プログラム参照先(絶対パス指定)」に、起動する実行ファイル(ゲームのEXE等)を選択し、
「生成プログラム出力先」に、ショートカットを配置するファイルパスを選択してください。
上記の2つを設定すると、自動的に相対パスが「ショートカット先相対パス」に設定されます。

また、ショートカットにアイコンを付けたい場合は、「生成プログラムアイコン」も選択してください。
(なお、KeyConfigのアイコンは、SBKeyConfigIconフォルダに同梱されています。)



「相対パス」が間違いないことを確認した上で、「生成」ボタンをクリックすると、
ショートカットファイルが生成されます。
生成が完了したら「終了」ボタンをクリックしてください。

なお、あくまで指定した相対パスでのショートカットとなるため、
フォルダ名を変更する等、参照先のファイルパスを変更すると、正しく起動しなくなる可能性があります。