最終更新日
KeyConfigManager 使い方 (開発者向け)

○ インストール方法

まず、ダウンロードしたファイルを解凍します。



解凍された各ファイルは、次のようなものになります。
・SBKeyConfig_v2**_Sampleフォルダ(キーコンフィグの本体のサンプルプログラムが入っている)
・SBKeyConfigIconフォルダ(キーコンフィグの本体のアイコンファイル)
・KeyConfigManager.exe(キーコンフィグツールを設定するための支援ツール)
・Readme.txt(簡易説明書)

この中の、KeyConfigManager.exeをダブルクリックして起動します。

○ KeyConfigManager 使い方

KeyConfigManager.exeを起動すると、下記の画面が表示されます。



● 開く

起動直後は、新規作成の状態か、前回の状態が表示されます。
(メニューの「ツール」→「オプション」から、起動時は必ず新規作成の状態で開くようにできます。)


■ 新規作成

新しく設定を作り直したい場合は、
メニューの「ファイル」→「新規作成」をクリックしてください。

■ 開く

既存のキーコンフィグツールの設定をしたい場合は、
メニューの「ファイル」→「開く」をクリックしてください。
(この際に、キーコンフィグツールの「CONFIG.DAT」を選択してください。)

● 編集

設定したい情報を開いた後は、左側に表示される設定項目を編集してください。
なお、設定項目の詳細については、「Manager 機能詳細」に記載しております。

左側で設定した内容のプレビューが、右側に表示されます。
(メニューの「ツール」→「オプション」から、プレビューの表示を消すこともできます。)




● 保存


メニューの「ファイル」→「上書き保存」
もしくは、「ファイル」→「名前を付けて保存」より、
編集した内容を保存してください。

保存先は、配布予定のゲームのEXEファイルがあるフォルダ内を指定してください。
ファイル名は、CONFIG.DATという名前のままにしてください。

なお、保存時に、KeyConfig.exe等の必要なファイルも、同フォルダに上書き保存されます。
(メニューの「ツール」→「オプション」から、CONFIG.DATしか更新しないように変更できます。)

○ ショートカット生成

● 概要

ShootingGameBuilderでビルドしたデータは、リプレイファイルやセーブファイルが同じフォルダ内に生成されます。
そのため、プレイを続けるとフォルダ内がごちゃごちゃして分かりにくくなる問題があります。



そこで、相対パス指定でのショートカットを同梱して配布することができます。
(例えば、下記のようにゲームデータをDataフォルダに全て格納しておき、
 yuuteki.EXEを実行すると、Dataフォルダ内のyuuteki.EXEを起動可能にできます。)




● 設定方法

相対パス指定でのショーカット用のEXEを同梱して配布したい場合は、
メニューの「ツール」→「外部ツール」→「ショーカット生成」を選択してください。



詳細な設定方法については、「Manager 機能詳細」に記載しております。

○ 動作確認

最後に、KeyConfig.exeを起動して、
変更した文字列が正常に描写されているかどうかを確かめてください。

初期設定となる内容を、自分でキーコンフィグを使用して指定した後、
右下のOKボタンを押せば、設定は全て完了となります。