最終更新日
KeyConfig 使い方 (ユーザー向け)

○ 起動方法

ゲーム本体を起動する前に、同梱されているフォルダの中から「KeyConfig.exe」をダブルクリックしてください。
なお、ゲームパッドを使用する場合は、「KeyConfig.exe」を起動する前に、PCに接続してください。




○ 操作方法

KeyConfig.exeを起動すると、下記の画面が表示されます。



● キーボードコンフィグ


左側のキーボード用コンフィグの変更したい項目を選択し、キーボードを入力すると、
押したキーボードが、対応する項目に割り当てられます。

● パッドコンフィグ


中央のパッド用コンフィグの変更したい項目を選択し、ゲームパッドのボタンを入力すると、
押したボタンが、対応する項目に割り当てられます。

なお、ゲームパッドのボタンは、キーボードから数値で指定することも可能です。
どの値がどのボタンに対応するかは、各ゲームパッドの説明書を参照してください。

● その他コンフィグ

画面セッティング等のその他の項目は、コンボボックスやチェックボックスの切り替えをマウス上で行って変更してください。
サウンドバーについては、バーを直接操作するほか、数値を手で入力することも可能です。
なお、サウンドバーの数値は0〜100で入力してください。

なお、それぞれの項目は下記のようになります。


■ 画面セッティング

ゲーム起動時に、フルスクリーンで起動するか、ウインドウモードで起動するか指定できます。
なお、ゲーム中にENTERキーを押すことで、モードの切り替えを任意に行うことが可能です。

■ ウインドウサイズ

ゲームをウインドウモードで起動する際に、ウインドウサイズを指定することができます。

■ 画面フィルタ

ONにすることで、フルスクリーンやウインドウ拡大時に画面フィルタを有効にします。

■ タイマー同期

ONにすることで、タイマーを使ってゲームとの同期を取り、入力遅延を解消します。
ただし、同期処理が増える関係で、処理落ちが発生する等の問題が発生することもあります。
通常はONで問題ありませんが、ゲーム中に問題を感じた際にはOFFに変更してください。

■ フレームスキップ

ゲームでのフレームレートを設定します。
60FPSに設定した場合、非常に滑らかに描画する反面、動作が重くなります。
15FPSに設定した場合、動作がカクつくような描画になる反面、動作は非常に軽くなります。
ご使用のPCのスペックにあわせて、切り替えてください。(通常は60FPSで問題ありません。)

■ ボリュームセッティング

ゲーム内でのBGMおよび効果音の音量を変更します。

● 設定情報の保存

全ての設定が完了したら、右下の「OK」ボタンを押すことで、設定の結果を反映します。
設定変更内容を保存したくない場合は、「キャンセル」ボタンを押してください。

「KeyConfig.exe」を終了後は、ゲーム本体を開始し、お楽しみください。

なお、「ゲーム起動」ボタンを押すことで、KeyConfig上からゲーム本体を起動することが可能です。
このとき、設定は自動で保存されます。

また、「HPを開く」ボタンを押すことで、作者のHPを開くこともできます。