ゲームシステム

ページ内リンク
○ ゲームの開始

起動時は、左記の画面が表示されます。

ゲーム中の待ち時間を最小にするために
起動時に大量のデータを読み込んでいます。
そのため、ゲームの起動に多少時間がかかります。
しばらくお待ちください。



サークルロゴは決定ボタンでスキップできます。
また、時間経過でもタイトルに進みます。

また、このロゴ画面でCキー(Xボタン)を押すと、ランキング画面へ移行します。
リプレイが保存されている場合は、ランキング画面で選んで決定すると、
リプレイ再生できます。
リプレイ再生中は、方向キーの左右で、再生速度を変更できます。


ゲーム開始時に、最初から/続きからを選択します。

また、ここから操作説明に行くことが出来ます。
操作が複雑なので、初めての場合は一度見てみるのをお勧めします。

条件を満たすと、一部データを引き継いで、始めることが出来ます。


引き継げるデータは、下記のものとなります。
○ 所持金
○ EXPとLV
○ 消費アイテム
○ 一部のボーナスアイテム

(注意)
最初から / 引継ぎ を選択後セーブすると、
データが初期化されます。
必要な場合はscore.binのバックアップをしておいてください。



● 初期設定
スタート時(最初から・引継ぎ選択時)に、会話デモのあり・なしを選択します。
会話デモやプロローグなどは、キャンセルボタンでスキップできます。



続けて、voice再生方式を選択します。
通常版・加工版・voiceなしのいずれかを選択してください。

通常版は聞き取り易さを重視しています。
加工版は一部にエコー等がかかります。
雰囲気重視の方はこちらを選択してみてください。
また、voiceなしを選択すると、voice再生を行わないようにできます。
voice演出がお嫌いな方はこちらを選択してみてください。(非推奨設定です)

(注意)
voiceなしでは、全てのvoiceが再生されません。
HP減少やMP不足、敵の攻撃の合図等の状況説明用のものも無くなります。
ゲージや敵の状態でしか判断できなくなるため、難易度が上がる場合があります。

voiceなしモードは本来想定していなかったものなので、
これらの点を了承した上で選択してください。



なお、会話デモやvoice再生方式は、
拠点の石版メニューで変更可能です。


○ ゲームの基本

● ポイント振り分け
石版メニューのポイント分配や、
フィールドの石版に触れると行えます。
通常攻撃は「剣」のアイコンに、
必殺技は「!」のアイコンに、
各種魔法はそれぞれの「勾玉」のアイコンに、
対応しています。
また、Xで決定すると振り分けポイントが初期化され、
ボーナスポイントに戻ります。
全て振り終えたら、○のアイコンで決定することで
確定できます。


拠点やフィールドの看板など、
一定時間(約1秒)判定の無いものがあります。
注意してください。


● お気に入り登録
石版メニューのお気に入り登録で、
所持している勾玉やアイテムを、
それぞれ一つだけ登録できます。

お気に入りに登録してある魔法やアイテムは、
特殊動作ボタンとの組み合わせで、
アイコンの変更なしに使用できます。


○ 拠点について

拠点には、SHOP,セーブポイント,ゲートがあります。
条件を満たすと特殊な機能が追加されていきます。

特殊機能も上下で切り替え、決定キーで確定、キャンセルキーで中止します。
また、石版に触れるとコンフィグメニューが選択できます。


● SHOP(左の機械)
触れると商品選択に入ります。
上下で選択、左右で個数を指定、決定キーで購入します。
キャンセルキーで買わずにもどります。
所持金が足りない場合は何も起きません。


● セーブポイント(右の精霊像)
触れると体力を回復し、その時点の状態を記録します。
セーブはここでしか行えません。


● ゲート(中央の魔法陣)
触れると出撃先選択にはいります。
上下で切り替えて、決定キーで出撃します。
キャンセルキーで中止します。


● 石版(左上の板)
コンフィグメニューにはいります。
会話デモ・voice再生方式等の設定を変更できます。

ポイントの振り分けやボーナス効果の設定もここで行います。



その他、様々なオプション設定を切り替えることも出来ます。

当たり判定の表示の有無を選択できます。

当たり判定は、低速ボタンを押したときに表示される枠内の白い部分です。
また、同時に展開される円がキャンセル効果範囲の目安です。

対象の中心がこの円の内側に入っていると、攻撃をキャンセルできます。
ただし、キャンセル出来ない攻撃もあるので、見極めが重要です。



選択リング表示方式の選択では、
アイテム選択や魔法選択ボタンを押した際の、
表示方式を変更することができます。

詳細表示は、画面全体にアイテム・魔法の効果説明が表示されます。
簡易表示は、プレイヤーの周囲にアイコンのみ表示される方式です。

また、このメニューからタイトルに戻ることができます。

(注意)
タイトルに戻る際、セーブされません。




● オーブ(右上の玉)
精霊と契約することで設置されます。
サポートユニットの経験値や行動値を上昇させることができます。


● 特殊機能(中央上の箱)
ボーナスアイテム取得で設置されます。
GOLDをEXPに変換、アイテムをGOLDに変換、
下位アイテムを上位アイテムと交換などができます。


●その他
ボーナスアイテム取得や隠しボス撃破などで設置されるものがあります。


○ プレイヤーの能力について
通常攻撃、必殺技、魔法、アイテムが使用できます。
アイテム以外の行動を実行すると規定のウェイトがかかります。
ダメージ中は約120F無敵です。
ダメージを受けると、SP/MPゲージが一定値減少します。


HPが0になったときは、決定キーで拠点に戻ります。
その際、所持金を10000失います。

ただし、一部のボス戦では強制的にタイトルへ戻ります。
(ゲームオーバー)


LVは最大10
HPは最大4000
SPは最大1200 で 1Fごとに1増えます。(約20秒で最大)
MPは最大3000 で 1Fごとに2増えます。(約25秒で最大)
WTは最大600  で 1Fごとに1減ります。
(Fはフレーム・・・1/60秒)


LVはEXの数値によって上昇します
レベルアップすると、当たり判定が小さくなっていきます。
また、1レベルアップするごとに、
2ポイントのボーナスポイントが得られます。
石版メニュー等で、ボーナスポイントを振り分けることにより、
攻撃力や性能を高めることが出来ます。


キャラチェンジできます。
また、各キャラごとに特殊技能があります。

操作キャラクターの状態は全員共通です。


○ 各キャラクターの性能

● ミコト
攻撃と回復をバランスよく持ち、
性能も扱いやすいものが揃っています。
攻撃力も高く、単体でも戦える力を持っています。

反面、防御力は最低で、何度も攻撃を受けると危険です。
また、レベルアップが非常に遅いという弱点があります。


称号
特殊性能
LV0〜4
霊刀の契約者
雲散霧消の太刀:周囲の実体化してない魔力を無効化
       (魔法陣などの攻撃をキャンセル)
LV5〜
救世の戦姫
剣気開放:オーバードライブ時の攻撃力2倍


● リーズ
最高の防御力と平均的な攻撃力を持ち、
回復もそこそここなせます。
加えて、防御力を上げる補助魔法が使えます。

反面、攻撃にクセがあり、扱うには慣れが必要です。


称号
特殊性能
LV0〜4
獣人の戦士
獣人の瞳:ステルス属性の敵などを可視化
LV5〜
大地の守護神
大地の護り:ダメージ時に周囲に反撃



● ユリア
長射程・広範囲の攻撃を得意とします。
移動速度上昇、敵魔法弾吸収といった補助魔法も扱えます。

反面、攻撃力が低く敵を倒すのに時間がかかります。
また、回復をアイテムに頼らないといけません。


称号
特殊性能
LV0〜4
微風の冒険者
風の結界:速度低下を無効化
LV5〜
疾風の勇者
風の導き:移動速度が上昇


○ 状態異常について

敵の攻撃により状態異常が発生することがあります。
状態異常アイコンは魔法シンボルの横(EXの上)に表示されます。
全て重複して発生します。
(後から受けた異常で上書きではなく、前のものに加えてさらに異常が発生)
一定時間で自然回復します。
状態異常は以下の4つです。


● 毒霧(紫の泡アイコン)
必殺技が使用できなくなります。
また、発生時にSPゲージが半減します。
薬・回復魔法で治療可能。
約15秒継続。


● 暗闇(目のアイコン)
通常攻撃が使用できなくなります。
パン・回復魔法で治療可能。
約12秒継続。


● 沈黙(?アイコン)
魔法が使用できなくなります。
また、発生時にMPゲージが半減します。
指輪で治療可能。
約18秒継続。


● 麻痺(雷アイコン)
アイテムが使用できなくなります。
回復魔法で治療可能。
約10秒継続。


○ 攻撃について(ミコト)

● 通常攻撃
前方に貫通する衝撃波を出します。
方向キー入力により、方向が取得されているときのみ使用可能。
レベルにより攻撃力、サイズ、速度が変化します。
     

攻撃力
サイズ
速度
WT
基本値
400
100%
100
15F


● 必殺技(ディバインスマッシャー)
SPゲージが最大のとき、使用できます。
使用直後から効果終了まで無敵になります。
使用後は、方向を取得していない状態になります。
     

攻撃力
WT
基本値
5000
120F


使用後60Fから敵弾を消去しはじめ、
効果の最後に画面全体を攻撃します。
(画面外にいる敵などには効果がありません。)

効果終了前に移動だけ出来るようになるため、
画面を切り替えると、効果が消滅します。
ダメージ効率は良くありませんが、弾消しや無敵が利用できる防御向きの攻撃です。

(注意)
ボタンを押すと使用の可否にかかわらず一度ダメージ中の無敵が解除されます。
ゲージが足りないときはデメリットしかないので、
むやみにボタンを押さないようにしましょう。

○ 魔法について(ミコト)

● 魔法
MPゲージを一定量消費してシンボルに対応した行動を行います。
使用すると、ダメージ中の無敵時間がキャンセルされるデメリットがあります。

(注意)
ボタンを押すと使用の可否にかかわらず一度ダメージ中の無敵が解除されます。
ゲージが足りないときはデメリットしかないのでむやみにボタンを押さないようにしましょう。



魔法選択ボタンを押しっぱなしにすると、詳細表示かアイコンが展開します。

その状態で、使いたい魔法のアイコンの方向に方向キーを入力したまま、
魔法選択ボタンを離すとアイコンがセットされます。

その状態で、魔法使用ボタンを押せば魔法が発動します。

選択している魔法はプレイヤーの頭上にアイコン表示されます。
(持っていない場合は使用できません)

また、選択中は無敵ではないので、素早く選ぶ必要があります。

選択リングは、行動可能状態でないと展開できず、
リング展開中は行動不能になります。


● 緑(ウィンドカッター)
前方に小型の刃を射出します。
貫通しません。
  

MP
攻撃力
WT
基本値
200
300
20F


● 赤(チェイサー)
誘導弾を射出します。
貫通しません。
  

MP
攻撃力
WT
基本値
500
200
30F


● 黄(バブルキュア)
HPを回復し、レベルにより状態異常を治療します。
  

MP
回復値
WT
基本値
1000
1500
30F


● 青(エナジースフィア)
前方に貫通弾を射出します。
方向キー入力により、方向が取得されているときのみ使用可能。
効果中は無敵で、終了30F前から移動だけ可能になります。
  

MP
攻撃力
WT
基本値
1000
2000
90F


● 紫(メイルシュトローム)
自分を中心に、画面全体に拡大していく渦で攻撃します。
効果中は無敵で、終了30F前から移動だけ可能になります。
  

MP
攻撃力
WT
基本値
2000
2000
180F


○ 召還魔法

魔法が使用可能な状態のとき、使用できます。
(沈黙・魔法封印時以外)

召還ユニットは、一定の行動値を持ち、
行動を行う度にそれを消耗します。
0未満になると、召還ユニットは帰還します。


また、帰還後は一定時間のクールダウンが必要になり、
その間は新たに召還できません。
(必要な時間はユニットのレベルが上がると減少していきます)


召還ユニットが居り、魔法が使用可能なときに、
さらに召還魔法を使うと、必殺技を使わせる攻撃指令を出せます。

攻撃指令は、誰でも出せます。

召還時はオフェンシブモードになっています。
モードを切り替えるには、低速ボタンを押しながら召還魔法を使用してください。
(魔法が使えない状態のときは変更不可)
召還ユニットが存在しているときのみ有効です。

● オフェンシブ
通常の攻撃モードです。敵の種類や数で行動が変化します。

● ディフェンシブ
プレイヤーに追従するモードです。自分からは攻撃しません。
(回復魔法や指令を受けての攻撃は行います)

拠点のオーブで、召還ユニットの経験値や行動値を上昇できます。
(要GOLD)

召還ユニットは各キャラに対応しています。
契約した精霊のみ、呼び出しに応じます。
操作キャラクター
精霊
召還ユニット
ミコト
ルミナ
エイミー
リーズ
ルナシェイド
セリナ
ユリア
フレア
エリザ


○ 召還ユニットの性能

● エイミー(ミコトの召還ユニット)
平均的な攻撃力と、常識的な消費行動値を持ちます。
攻撃にクセがあるため、使いこなすのは困難です。
なお、攻撃力自体は高いです。

必殺技は、ザコ敵をアイテムに変換します。
ただし、雑魚敵にしか効果が無く、攻撃力はほとんどありません。


● セリナ(リーズの召還ユニット)
最高の攻撃力を持っていますが、
動作が非常に遅いという問題点があります。
また、行動値の消費も大きいため、
あまりフィールドに長時間出撃させることはできません。

必殺技は、HPを回復する。


● エリザ(ユリアの召還ユニット)
標準的な性能を持った召還ユニットです。
行動値の消費が少ないという利点を持っています。

必殺技は、画面全体を攻撃する魔法を発動します。


○ アイテムについて

WTゲージが0のとき、所持数があれば、効果を発揮します。
使用すると、個数をひとつ消費し、一定量のWTゲージが蓄積します。

それぞれ最大10個までもてます。

非売品の強力なアイテムもあり、そちらは最大3個までもてます。




アイテム選択ボタンを押しっぱなしにすると、詳細表示かアイコンが展開します。

その状態で、使いたいアイテムのアイコンの方向に方向キーを入力したまま、
アイテム選択ボタンを離すとアイコンがセットされます。

その状態で、アイテム使用ボタンを押せば、効果を発揮します。

選択しているアイテムはプレイヤーの頭上にアイコン表示されます。
(持っていない場合は使用できません)

また、選択中は無敵ではないので、素早く選ぶ必要があります。
選択リングは、行動可能状態でないと展開できず、
リング展開中は行動不能になります。


● パン
HPを2000回復、暗闇を治療します。
価格 1000 WT 120


● 薬
SPゲージを600増加、毒霧を治療します。
価格 1500 WT 240


● 指輪
MPを1500回復、沈黙を治療します。
価格 2000 WT 180


● 羽
フィールドから拠点に帰還します。
ボス戦中は暗闇・毒霧・沈黙を治療します。
価格 3000 WT 60


● 鏡
画面上の敵弾を消去し、全体を攻撃します。
(画面外にいる敵などには効果がありません。)
攻撃力 15000
効果は一瞬ですので、使用タイミングに注意してください。
価格 4000 WT 420


● 砂時計
約60秒間、ダメージ時のノックバック・MPSPダメージ・状態異常を防止します。
    また、ダメージを1000まで軽減します。
効果中は頭上にアイコンが表示されます。
敵のドロップアイテム等から入手できます。
価格 非売品  WT 600


● 試験管
HP・MP・SP・状態異常を完全回復します。
敵のドロップアイテム等から入手できます。
価格 非売品  WT 300


● ボーナスアイテム
取得すると、自動で効果を発揮します。
拠点用の物とプレイヤー用の物があります。


○ 戦闘エリアについて

スタート地点などにある小さい魔法陣は、帰還用のゲートです。

スタート地点にある看板はそのフィールドでのボーナスアイテム出現条件のヒントです。
条件を満たすと宝箱に変化します。(クリアに必須ではありません。)
ボーナスアイテムを取得していくと、一部ボスが強化される等の変化があります。

(注意)
条件を満たしていない状態でフィールドを移動すると(ボス戦・帰還など)
最初からやりなおしになります。
条件を満たすとチャイムが鳴り、この状態になると取らずにフィールドを移動しても
宝箱の状態で残っています。


低速移動時に表示される枠が当たり判定になります。
この中に敵や敵弾が接触するとダメージを受けます。

同時に展開される円がキャンセル効果範囲の目安です。
対象の中心を円の内側に入れるように接近してください。
キャンセル出来るものと出来ないものの見極めが重要になります。


上下左右にある矢印パネルに触れると、部屋を移動します。




ミニマップが使用可能です。
◎がスタート地点、★が現在位置を表します。
旗は通ってきた部屋をしめしますが、一定数部屋を移動すると
古い物から消滅していきます。


壁に接触すると、弾かれて暫く行動不能になります。

また、必殺技やアイテムなどの使用中に接触すると、
行動がキャンセルされて、アイテムやMP等を無駄に消費してしまうことも……。

壁はダメージ中や必殺技の無敵状態のときは、すり抜けて移動することも可能です。


フィールド上のザコ敵は倒すと、低確率でアイテムを落とします。
強いザコ敵は、強力なアイテムを落とすことも……。

全ての敵はダメージを受けると、約30フレーム無敵になります。
この間は、接触してもダメージを受けません。


フィールド上の精霊像は、触れるとHP、SP、MPを全回復、
状態異常を治療します。

フィールドには、チェックポイントとなるボス敵がいます。
全て倒すとエリアのボスへのゲートがどこかに現れます。


ボスの使用する円形の砲台は一定距離に近づいていると、
攻撃をキャンセルさせることが出来るものがあります。


フィールドには、ボーナス経験値を持った敵やアイテムが低確率で出現することがあります。
また、それらが高確率で出現する部屋もいくつかあります。


フィールドに置かれている魔水晶を得ると、魔法が使用できるようになります。

フィールドに置かれているクリスタルは、その先の道を封印しています。
  クリアする分には行く必要はないですが、珍しい敵が居たりします。
  余裕があるなら探索してみるのもいいかも知れません。
  封印解除には、魔法が必要になります。