プレストーリー

ページ内リンク
○ 神代の時代
神々と人間達が共存していた時代。
やがて神々は2つに分かれて争うようになりました。

秩序を重んじる“天神”
混沌を重んじる“鬼神”

多くの犠牲を出しながら“天神”達は“鬼神”達を、
異界へと追い払いました。

その戦いの影響は大きく、
両者に利用された人間達は秩序・混沌両方の属性を持つようになりました。

魔物も数多く生まれてしまったため、
“天神”達はこの世界を見限り去っていきました。

○ 霊刀“女郎花”

“天神”のなかでただ一人この世界に残った者がいました。
名前はオミナエシ、まだ若い“天神”でした。(人間年齢で15歳相当)
彼女は“鬼神”の力がまだ残留していることを憂慮し、
人間達にそれらと戦うための力を残そうとしました。

“女郎花”は使用者の能力を高め、戦闘のサポートを行うのが主な役割です。
そのための独自の意志・人格を与えられています。
また、それとは別に彼女自身の意思も内包されていますが、こちらは表に出てくることはありません。

“鬼神”と戦う危険を冒す者への報酬として、ひとつ願いを叶える機構を持ちますが、
神の力を使用するため有限です。
封印した“鬼神”の力を利用する予定でしたが、多くの人々は願いだけ叶えて逃げてしまったため、
力は残りわずかとなっています。
また“天神”と“鬼神”は支持する方向性が違うだけで力の本質は同じものです。

最初の動力として彼女自身の力を注ぎました。
その時彼女の本体は消滅しています。
管理している人格も知らない隠された機構として、
鬼神の力を封印するごとに、
ひそかに自身の能力を高めていくことが出来ます。(リミッター、一度に使える力の上限が変化)

これは通常使用する力とは別に管理されていて、
使用者の正しい“想い”や“意志”により発動します。(この判断を行っているのが彼女自身の意思)
それらの力を総合して最終的には“鬼神”そのものを倒す力を得られます。
そうなることを、人間達を信じて、彼女はこの霊刀を残したのでした。

○ ミコトの過去と想いの根源 (鬼神戦記・序章 参照)

ミコトは村医者の両親と暮らす普通の少女でした。
2歳年上の幼馴染の“霧島海里”(キリシマカイリ)に、
戦闘技術を教えてもらっています。
(魔物対策として、ある程度の護身術が必要になります)
ですが13歳のとき状況は一変してしまいます。

山奥の洞窟で“鬼神憑依”が起こってしまいました。
その鬼神憑きは相性のためかすさまじい速さで暴走状態に陥り、
村中に流行り病の病原体を撒き散らしました。
村人の大半は病に倒れ、治療にあたった両親も病に冒され亡くなりました。

このままでは“大和”そのものが危なくなると思われた時、
ミコトは一つの言い伝えを思い出します。
それは“大和”の森の奥深くに封印された願いをかなえる剣の伝説でした。
嘘か本当かも分からないその伝説に最後の望みをかけて、
ミコトは森に入り“女郎花”と出会いました。

ミコトは“女郎花”に村を救ってほしいと願います。
しかしその時の“女郎花”には力が残っておらず、
出来ることはミコトに鬼神憑きと戦う力を与えることだけでした。
それでもミコトは“契約”を行い、“女郎花”と共に鬼神憑きと戦いました。
激しい戦いの末、“女郎花”が鬼神憑きの急所を貫き、鬼神憑きは消滅しました。

鬼神憑きのいた場所には一通の手紙と一つの宝石が残りました。
そこにはカイリの字で、
ミコトのことが好きだったこと、贈り物として宝石を作ったことが書かれていました。
その時初めてミコトは鬼神憑きがカイリだったことを知ったのでした。

鬼神憑きがいなくなったことで病原体は霧散し“大和”から“鬼神憑依”の危機は去りました。
それを見届けた後、ミコトは”女郎花”と共に旅立ちました。
多くの大切なものと引き換えに、“鬼神憑依”の恐ろしさと、
鬼神に憑かれた人にも想い想われる人がいることを知った彼女は、戦うことを決意したのです。

“鬼神憑依”から人々を守るために、そして、
悲しい思いをする人をこれ以上出させないために……

○ 鬼神憑依と鬼神の対処
世界に漂う“鬼神”の残留した力は、稀に人間達に憑依することがあります。
その条件等はよくわかっていませんが、元の“鬼神”との相性等の説があります。

憑依された人間は力を暴発させて大惨事を引き起こします。
憑依後は精神や言動が不安定になります。
最初のうちは自身の意思で発動させることも出来ますが、
使用するたびに精神を侵食されていき、そのうち主導権を奪われます。
一度憑依すると対象を変えることはなく、
この状態で封印・浄化されると世界から完全に消滅します。

邪法とされているのでどこの国でも迫害対象ですが、
追い払うだけでも多大な犠牲が生じることになります。
外見的には憑依している“鬼神”に見えますが、
力がその姿を形作っているだけで、本体はもとの人間です。

憑依は3つの段階にわかれます。

1:暴発
憑依された瞬間の状態です。
暴走と同レベルの力を発揮しますが、
あくまで瞬間的な力であり余波でしかありません。

2:侵食潜行
暴発状態を経てこの段階になります。
“鬼神憑依”はほぼこの状態を指します。
力を使うごとに暴走に近づきます。
ある特殊な場合を除いて、自分で発動・制御することもできます。

3:暴走
精神を飲まれて完全に鬼神化した状態です。
本能のままに暴れまわります。
この状態になるともう元には戻れません。

女郎花の使う力は鬼神への対処法で2種類に分かれます。

● 封印
主に鬼神(本物)に対して使用する方法です。
対象の存在ごと細分化して刀身に吸収します。
鬼神憑きにも使用できるが、本体の人間も強引に分解してしまうため助かりません。
対象に力を使わせないため安全ですが、元に戻せる可能性も潰してしまいます。

女郎花自身の力が足りない時、使用者の技量が足りない時はこちらしか選べません。
また、暴走状態になっている場合は浄化してもこちらと同じ結果にしかなりません。
これまでの使用者は、安全を優先してこちらを使う者しかいませんでした。

● 浄化
元に戻せる可能性のある鬼神憑きに使用する方法です。
対象が力を使用している時しか実行できなません。
使っていない時(普通の人間状態の時)に行うと、
つながっている人間の精神にもダメージを与えてしまうため、
元に戻せても良くて植物状態、最悪そのまま死亡してしまいます。

まず、使用している力の部分を破壊(細分化)します。
この状態だとまだつながりが解けていないためしばらくすると元に戻ってしまいます。
その前に対象を気絶させれば、つながりが解けて内側に入れなくなるので刀身に吸収します。
手順が複雑、かつ力を使わせるため危険な上、使用者にも高度な技量が要求されるため、
ミコト以外に行おうとした者はいません。

○ 世界観
異世界ユーフォリア。
平均的な文明レベルは中世くらいです。
中には突出して高いところ、低いところもあります。
大小様々な国家がありそれぞれの特徴を生かした産業が発達しています。

● 海洋国家“大和”(ヤマト)
ミコトの出身国。
他国との交易を行っておらず地図にも載っていません。
独自の文化を築き上げていて農業・漁業が中心です。
外側からは見えなくなる結界に守られた、海上を移動する島です。
かつての“天神”の移動拠点であり、現在に残る遺産でもあります。

● 神聖魔法王国クリスタ
今回の物語の舞台となる辺境の都市国家です。
魔力を含有する鉱石“魔水晶”を原料とする“魔導器”の生産が中心です。
クレイン達はここの王宮に仕えていました。
ここの技師達は技術開発・研究に熱心で政治などには興味がありません。
その邪魔をしなければどこでもいいと考えています。
数十年前までは軍事力も持っていましたが、
軍用魔導器の暴走をうけて規模を縮小し、
現在は護衛が数人いるだけでした。
五年ほど前から魔導器の流通による経済発展を重視するようになりました。

● ユニオン
周辺の国家が集まった国家連合です。
中央議会によって運営されています。
今回の事件の発端はユニオンとクリスタの交渉中に発生しました。
交渉内容は魔導器の流通に関する業務提携でした。


○ クリスタの大惨事
ユニオンとクリスタの交渉中に起こった鬼神憑依による大惨事です。
王や使者を含む王宮の全てと町の半分が消滅しました。
一度に三人もの鬼神憑依、しかも国のトップレベルの人物ばかりであることなど、
ありえないほどの異常事態でした。
国家を運営するものがいなくなったクリスタはユニオンの庇護下にはいりました。


○ “コミュニティ”の設立
クレイン・ジェイド・セリナの三人によって設立された、鬼神に憑かれた者達の集まりです。
迫害を避けること・憑依から回復する方法を探すこと等を理念としていますが、
調査に向かった者の大半が行方不明になるなど、黒いうわさが絶えません。
クリスタの奥地にあった遺跡を改修して使用しています。