操作方法

ページ内リンク
○ 操作方法
通常の操作(キーコンフィグをしていない場合)

キーボード コントローラー 操作
カーソルキー 方向キー 移動
Zキー Aボタン 通常攻撃・会話デモ送り
Xキー Bボタン 必殺技・会話デモスキップ
Cキー Xボタン アイテム使用
Vキー Yボタン 魔法使用
Aキー Lボタン アイテム選択
Sキー Rボタン 魔法選択
Dキー Startボタン 高速移動
Qキー L stickボタン ミニマップon/off切替
spaceキー Selectボタン 一時停止
ENTERキー
全画面表示
ESCキー
終了


拠点での操作(キーコンフィグをしていない場合)

キーボード コントローラー 操作
カーソルキー 方向キー 移動
Zキー Aボタン 決定・会話デモ送り
Xキー Bボタン キャンセル・会話デモスキップ
Aキー Lボタン アイテム選択
Sキー Rボタン 魔法選択
Dキー Startボタン 高速移動
spaceキー Selectボタン 一時停止
ENTERキー
全画面表示
ESCキー
終了

これらのキー配置を変更する方法に関しては、
後述のキーコンフィグの項で説明します。


○ ボタンを押したときの反応について

通常攻撃
通常攻撃は、使用にほとんど制限がありません。
また、敵を貫通するため、固まっている敵などに有効です。

ただし、飛距離があまりありません。


必殺技
必殺技の使用には、SPゲージが必要になります。
SPゲージは攻撃しないで至り、アイテムの使用で回復します。

一撃の威力はありますが、効果が出るまでに時間がかかります。
しかし、この攻撃は敵の攻撃をほとんど消す効果もあるほか、
攻撃の効果が出るまで無敵になれるため、危ないと思ったら、
積極的に利用していくことをオススメします。


魔法
魔法選択ボタンで、設定した魔法を発動します。

魔法を使うためにはMPゲージが必要になります。
魔法には攻撃系統のものや、回復系統のものなど、
様々な種類のものがあります。

ただし、魔法はボスを倒して対応したシンボルを取得するまで
利用することが出来ません。



右のステータスバーから、現在設定している情報を確認することが出来ます。

1段目は、現在選択されているアイテムと、その個数が表示されます。
2段目には、現在選択されている魔法が表示されます。

3段目には、現在の経験値が表示され、
4段目に、現在のレベルと、次のレベルアップの経験値が表示されています。


また、マップを表示させると、画面右上にマップが表示されます。


○ キーコンフィグ
デフォルトでのキー配置が気に入らない場合は、こちらの方法を使って、
キーの配置を自分で変更してください。
ただし、こちらでキー配置を変更した場合は、
チュートリアルでのキーなどと、実際のキーとが違うものになる可能性があるので
どのキーにどのキーを使用したかというのは、しっかり覚えておくようにしてください。

● 実際のキーコンフィグの仕方
キーコンフィグの方法について書きます。
まず、同梱されているkeyconfig.exeをダブルクリックで起動します。
なお、起動するためには、.netframework2.0が必要なので、
使う場合は、事前にインストールをして置いてくださいよろしくお願いします。

起動すると、下のような画面が出てきます。



起動したときは、左上の項目が選択されているはず(ちょっと黒くなってる)なので、
上から、設定したいキーを入力していってください。
一番初め、Qボタンを押したとすると、通常攻撃にQボタンが設定され、
その次に、Wボタンを押したとすると、必殺技にWボタンが設定されるという形です。

ゲームパッドの入力も、そのままゲームパッドのボタンを直接押すだけで入力されます。
また、正常にゲームパッドの入力が受け付けられない場合は、直接手で値を代入することも出来るので、
ゲームパッドのキーが効かない場合は、お手数をかけますが、よろしくお願いします。

なお、ゲームパッドを使う場合は、このアプリケーションを起動する前に、
ゲームパッドをパソコンに突き刺しておいてください。

■ 画面セッティング
ゲーム起動時の画面をウインドウモードで起動するか、フルスクリーンで起動するかを指定できます。

■ タイマー同期
ゲーム内のスピードを固定する場合はONにチェックをいれ、(処理落ちをなしにします)
ゲーム内のスピードを固定しない場合はOFFにチェックを入れます。

■ フレーム数
FPSの値を選択することが出来ます。
FPSの値が高いもの(60FPS)を選択した場合は、
画面がなめらかに動きますが、パソコンのスペックをたくさん使います。
FPSの値が低いもの(15FPS)を選択した場合は、
画面がかくついて動く代わりに、パソコンのスペックは低くても動作することが出来ます。

■ ボリューム
BGMとSE(効果音)それぞれの、ボリュームを変更することが出来ます。
バーを左に移動させる程、音量が小さくなり、
バーを右に移動させる程、音量が大きくなります。

すべての項目を設定した後、保存する場合はOKボタンをクリックしてください。
設定を保存せずに終了する場合は、キャンセルボタンをクリックしてください。

パッド確認と書いてある部分をクリックすると、
ゲームパッドを認識できているかを確認することが出来ます。

● 注意点
キーコンフィグを変更した際は、使用するキーの中で重複しているキーが無いか確認をしておいてください。
未使用キーが重複していても問題はありませんが、使用するキーが重複していると、
一つのボタンを押して、二つ以上の動作が一気に行われることになります。

また、キーにENTERやcapslockや半角/全角キーは使用しないでください。
その他、使えないキーはちょこちょこあるので、怪しいキーはなるべく使わない方向でお願いいたします。